人気ブログランキング |

春の光景

最近になり大分暖かくなってきました。当院の前にあるしだれ桜には花がつき始め、7〜8部咲きというところでしょうか。この日は休診日で書類整理などの雑用をしていたのですが、昼頃に終わり、天気も良いので徒歩で帰ることにしました。私の自宅までは徒歩だと40分くらいで、ちょうど良い散歩コースです。健康にもいいですね。

春の光景_b0377610_17061903.jpg

歩きながら目にする光景は車やバスとは違います。立ち止まってゆっくり見たり、香りを感じることもできます。春らしいキレイな花々を見かけ、思わす撮影してしまいました。青空とのコントラストがいい感じですね。

春の光景_b0377610_17061871.jpg

最近は新型コロナとか、微妙なニュースが多くて家にこもりがちですが、お散歩は気分転換になるし、日々変化する春の光景を楽しめます。オススメです179.png


# by yamamoto-jibika | 2020-03-22 17:16 | 日常
先日、目の調子が悪くなり、懇意にさせて頂いている眼科の先生を受診しました。
診察の前に視力検査をやりました。
みなさんご存知の「輪っか」検査です。

例えばこれ
左右がわからない・・職業病?_b0377610_21421819.gif






正解は右ですよね。
確かに右ですが、頭の中で左右が混乱するんです。

自分の仕事と関係があって、
例えばカピバラさんの耳ですが、
左右がわからない・・職業病?_b0377610_09291643.jpg













さっきの輪っかと同じ側にあるのは右耳ではなく左耳です。
普段から患者さんと正面から向き合う仕事なので、左右が逆になります。
そんなワケで左右を答える時に一瞬考えてしまう・・・

「ん・・これって右だよな・・本当に右だよな・・」

間違えて検査結果が悪く出てしまうのでは・・と思うと余計に緊張します。

冷汗をかきながら「オレって大丈夫なんだろうか・・」と焦りながら検査を受けていました。
この検査、上下だけの輪っかにしてほしいな。。とリアルに思いました。

# by yamamoto-jibika | 2020-02-28 07:12 | 日常

待合室の床

当院は定期的に様々なメンテナンスを行なっていますが、床面は概ね2ヶ月ごとに専門業者さんによるクリーニングを行っています。
写真は今月に行なった清掃直後の床ですが、ピッカピカに光り輝いてますねー177.png

待合室の床_b0377610_08521002.jpg

ところでこういう青い感じの床って、クリニックであまりないように思いませんか?
開院前の設計時は「暖色系のフローリング」だったのですが、私が青色が好きなので、無理やり変更してもらいました。完成した床を見て嬉しくなったのを覚えています。




# by yamamoto-jibika | 2020-01-30 09:03 | クリニック

電子カルテハード入替

当院の電子カルテですが、導入して5年以上過ぎ、故障も多くなってきたのでPC本体やモニターなど、ハードの入替を行いました。
1日がかりでしたが、院長のデスク周りがスッキリしました。

電子カルテハード入替_b0377610_09253680.jpg

遠目に見るとこんな感じです。モニターだらけで枚数を数えたら診察室だけで11枚もありました。秋葉原の電気街みたいです。

電子カルテハード入替_b0377610_09021323.jpg

院長の癒し・・デスクの真ん中で生活しているカピバラさんたちのミドリノ草原が広くなりました。
(温泉コーナーも作ってあげようかな・・)

電子カルテハード入替_b0377610_09010461.png

10年前の開院時の診察室と比べると全然違いますね。寂しい感じなので、自前のノートパソコン(真ん中の青い画面の子)も無理やり参加させたのを覚えています。

# by yamamoto-jibika | 2019-12-07 12:02 | クリニック

学会とは

先日、名古屋まで学会に行ってきました。土曜日の出発でしたが、その際に診療時間を縮少させていただき、ご迷惑をおかけしてしまい申し訳ありませんでした。

さて、そもそも学会って何のために行くの?と疑問に思っている方がいるかもしれません。
私の中での意味合いとしては・・

1:医学的な知識を高めるため
自分一人だけで長年診療していると、どうしても知識が偏ったり、新しい情報が入ってこなかったりします。学会で話を聞いていると
「へー、そうだったんだ。。」「そういう方法もあるんだな」などフレッシュな情報を得ることができます。

2:専門医を維持するため
耳鼻咽喉科の専門医は5年ごとの更新ですが、学会参加などで得られるポイント(点数)が必要です。更新に必要なポイントが決まっていて、不足すると専門医の資格を失います。
資格がなくなっても耳鼻科医として診察はできますが、なんとなくネガティブな気分になりそうなので、がんばって学会に行っています。

3:気持ちのリフレッシュ
狭い診察室にほぼ一日中こもる生活を送っていると、やはりストレスが溜まってくるし、旅行なども行きたくなります。今回は名古屋でしたが、新幹線に乗って「崎陽軒のシュウマイ弁当」を食べるだけでも嬉しい気分になります。また学会場で勤務医時代の元同僚や知り合いと久し振りに会うことも多く、楽しい時間です。

学会とは_b0377610_01025529.jpg

# by yamamoto-jibika | 2019-11-29 01:03 | クリニック